n-box+の走行性能、排気量を除けば普通車並?

n-box+の走行性能を一言で表現するなら、「もう普通車並」だという事に尽きると思います。排気量こそ軽自動車ですので660ccになっていますが、一昔前までの軽自動車のイメージでもある「普通車の格下」というのは、もはや完全に過去のものになってしまっていますね。

数年前のニュースで、海外から「日本の軽自動車という考え方はやめるべき」といった指摘を受けたといったような事がありましたが、これだけ性能がよく、なおかつ660ccでありながら十分な走行性能を持つクルマを見れば、海外の人からすれば「軽自動車とは一体、何なんだ?」と分からなくなってしまうのも無理はないかもしれません。

それほどn-box+の走行性能というのは充実しています。

n-box+の走行性能は、街中での走行を重視

n-box+の走行性能については、その特性、キャラクターというのが非常にハッキリとしています。外観やインテリアも、とても個性的なn-box+ですが、走行性能についてもやはり個性的です。テーマはずばり「街中でのストレスのない走行」です。

やはり軽トールワゴンは、あまり高速道路でしょっちゅうロングドライブに行くような人向けではなく、家族を持つ家庭用のクルマ、いわゆファミリーカーという事になります。

そうなると必要になってくるのは、街中で出す速度までスムーズに加速してくれることですよね。つまり高トルクが求められるという事です。言われてみれば当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、この部分は燃費との兼ね合いで、バランスを取るのが難しい部分でもあります。各社のクルマを比較してみると分かりますが、大きく違いが出る部分の一つなんですね。

高トルクって、どういう事?

クルマに詳しい方には釈迦に説法ではありますが、トルクというのは言ってみれば、「クルマを動かすの必要なチカラ」というイメージです。

いくら軽自動車といっても、やはり何百キロという重さがある金属のカタマリですよね。それを動かすのですから当然、大きなチカラが必要になってきます。その大きなチカラを生みだすために、どれくらいエンジンを回転させなくちゃいけないのか?

という話になった際、「少ないエンジンの回転数でも、大きなパワーが得られますよ!」というのが高トルク、ということになります。

逆に低トルクというのは、巨大な車を動かすために必要なチカラを得るのに、エンジンをたくさん回転させて、アクセルもたくさん踏んであげないといけない、という事になるのです。

そうなると、止まったり発進したりを繰り返す街中では、走り出すたびにアクセルをたくさん踏む必要が出てくるので大変です。しかし低トルクなら、ちょっとアクセルを踏むだけで、ス~っと動いてくれるのです。

「じゃ、なんでどのクルマも高トルクにしないの?」というと、理由はいろいろあると思いますが、分かりやすいのは燃費です。高トルクにすると、基本的には燃費が悪くなるのです。そういったエコや燃費と、走りのバランスは、車にとって大きな課題であり、メーカーの特徴が出るおもしろい部分でもあるのですね。

n-box+の走行性能には、レースの技術が活かされている

n-box+を作ったのはHONDAですが、HONDAと言えばレースですよね。n-box+の走行性能には、そんなレースの技術、経験、知識というのがしっかりと活かされています。それに加えて、アシスト機能も充実。

カーブで障害物をよけた際のふらつきを抑えてくれたり、坂道発進でクルマが後ろへ下がるのを防いでくれたりと、「こういう時って怖いよね」という危険なシーンや、ヒヤッとする場面に遭遇した時でも、しっかりと安全を確保できるようなアシスト機能も充実しています。こういった部分もまさにレースの技術、経験、知識が活かされていますね。

n-box+の走行性能、よく分かっている「目線」の大切さ

街中で信号待ちの際、n-box+と横に並んで気付いた事がある方もおられるかもしれませんが、n-box+は目線がミニバン並みの高さになるように設計されています。同じHONDAの車種で言えば、ステップワゴンと同じくらいの目線になるのです。

もしかしたら実際に経験した方もおられるかもしれませんが、やっぱり目線が高いと、運転の時に余裕を感じます。逆に目線の低いクルマは、走りの爽快感を求めるにはうってつけですが、心の余裕や安全性を考えると、「ちょっと怖い」という場合もありますよね。

軽トールワゴンは、何度もご紹介をさせていただいているように、ご家族で使うファミリーカーという位置付けです。そうなると当然、子育て中の主婦の方が使うことだって多くなります。

そんな時に走行性能に何を求めるかと言えば、走りももちろんではありますが「安全であること」ですよね。n-box+の走行性能にて、目線が高く設計されているのは、そういった安全面についても良く配慮されているという事を示しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です