n-box+のエクステリア、人気が上昇してきた理由とは?

n-box+がデビューしたのは2011年。ほんのつい最近の事ですよね。人によっては「なぜHONDAが軽自動車…しかもワゴンタイプを出したの?」と疑問に思われる方もおられるかもしれません。

これにはHONDAが昔から持っている「先見の明」というのがあります。車業界の中におけるHONDAの置かれているポジション、状況という部分についてじっくりと調査をしたところ、「軽自動車が弱い。

特に、ここ数年で一気に人気が上昇してきている軽トールワゴンタイプについては、モデルそのものを持っていない」という結果が出たのだそうです。そういった、HONDAの持つ強みでもある「自分たちの立ち位置を正確に知り、未来に活かす」という姿勢の結果、導き出された答が「軽自動車をやろう」ということだったそうです。

そして実際に軽自動車をやりはじめたHONDA。そこはやっぱり世界のHONDA、ただの軽自動車を作る訳がありません。

それまでの軽自動車のイメージを大きく塗り替える、Nシリーズというクルマ達を世に発表し、世間を驚かせました。  n-box+は、そんな流れの中で生まれた、こだわりの軽トールワゴンと呼んでも良いでしょう。そのこだわりは、もちろんエクステリアにも表れています。

そんなn-box+のエクステリア、まずはスタイリングからチェックしてみましょう。

n-box+のエクステリア、その洗練されたスタイリングをチェック

もしかするとご存じない方もおられるかもしれませんが、 n-boxには、通常の n-boxと、 n-box+、そして n-boxスラッシュという3つのモデルが発表されています。

面白いのはその中でも n-boxのスラッシュです。写真を調べてみるとすぐにわかりますが、車の後方にかけて少し流線形のフォルムになっているんですね。ボックス型の車でありながら、後方へかけて流線形になっているのです。この辺りがまさにHONDAという感じですよね。

今回ご紹介する n-box+のエクステリアは、そういった流線形ではなく、むしろハコ感が強めに出ているスタイリングとなっています。

しかしどういう訳なのか、ハコ型のクルマに特有の、あの商用車感が全くありません。むしろ競合のタントなどと同じように、洗練されたオシャレな小箱というイメージで、ファーストインプレッションとしては、とてもオシャレで好感の持てるスタイリングとなっています。

こういった、「ナゼかオシャレに見える」というのは大事ですよね。人々に支持されるデザインというのは、「ギリギリ」だと言われいます。

つまり、一歩間違えたらとことんダサい。しかし、ほんのわずかな違い、ほんの微妙な違いによって、とてもオシャレに見える。そういったギリギリの違い、と言うのが、多くの人に支持されるデザインの中には存在していると言われます。 n-box+のエクステリアは、まさにそういったギリギリのラインを上手く整えた、オシャレなスタイリングになっています。

ボックスタイプの軽自動車は、エクステリアで人気が決まる?!

n-box+のようなボックスタイプの軽自動車は、積載容量がどうこう、走行性能がどうこうではなく、パッと見た目のエクステリアで大体の人気が決まる、とも言われています。

これはどういう事なのかというと、要は、「軽自動車」という法律で限られた大きさと排気量の範囲内で、積載容量や走行性能で差があると言っても、「どれもさほど変わらないのでは?」という印象があるのです。

積載容量が欲しいならハイエースやキャラバンには勝てませんし、走行性能ではフェアレディやGTRには敵いません。軽トールワゴンに求められるのは、積載容量や走行性能、燃費などなどの各要素が、どれだけ絶妙なバランスで整えられているのかという点と、あとは、エクステリア。つまり「見た目、エクステリアが気に入ったから」というオーナーも少なくないのです。

n-box+のエクステリアは、そういった「軽トールワゴンを求める人が、何を感じてクルマを選ぶか?」という部分を熟知しているからこそ、洗練されたデザインというだけにとどまらず、あえてギリギリの部分にまで迫っているのではないかと感じますね。

n-box+のエクステリア、カラーリングはどうなっている?

続いてはn-box+のカラーリングについて見てみましょう。この「カラーリング」と言うのはエクステリアの印象を大きく左右しますよね。

全く同じ車種なのに、ブラックなのかホワイトなのかによって、まるで別のクルマかと思うほどの違いが生まれます。そんな重要なカラーリング、 n-box+のエクステリアはどのような選択肢があるのでしょうか?

まずは単色が8種類、そしてここもHONDAのこだわりの見せ所の一つとなりますが、ツートーンも4色が選べます。「え?ツートーンのどこがコダワリなの?」と思われるかもしれませんが、実は n-box+ではルーフ部分のカラーがブラウン系、といった選択肢が用意されているのです。

他の競合車種では、ルーフ部分にホワイトやブラックしか選べないものもありますので、ちょっとした差ではありますが、エクステリアが重要な意味を持つことを良く知っているからこそ用意できる選択肢ではないかと思います。

n-box+のカラーバリエーションまとめ

ワントーン

  • プレミアムホワイト・パールⅡ
  • ルナシルバー・メタリック
  • クリスタルブラック・パール
  • ブリティッシュグリーン・パール
  • ブリリアントスポーティブルー・メタリック
  • シャイニンググレー・メタリック
  • プレミアムディープロッソ・パール
  • プレミアムベルベットパープル・パール

ツートーン

  • ブリリアントスポーティブルー・メタリック&ホワイト
  • プレミアムピンク・パール&ブラウン
  • プレミアムアイボリー・パール&ブラウン
  • プレミアムディープモカ・ホワイト

後に書いてあるカラーがルーフカラーとなるのですが、組み合わせも洗練されていますよね。どの組み合わせもとてもオシャレな仕上がりとなっています。

n-box+のエクステリア、精悍な顔つきも人気の理由

n-box+のエクステリアは、その精悍な顔つきも人気の理由となっています。カスタムになるとよりハードな印象が出てくるのですが、 n-box+の場合は、親しみやすさや柔らかさの中にも、洗練された精悍さがありますね。

まとめ

n-box+のエクステリアをご紹介してきましたが、いかがでしょうか?

エクステリアを見ただけで、それまでHONDAが培ってきた経験やノウハウが生かされているの感じられるクルマではないかと思います。 n-box+が気になる方は、ぜひ実際にそのエクステリアを見に行ってみていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です